大阪府箕面市の筋膜リリース整体院  頭痛 肩こり 腰痛 頭蓋骨矯正  肋骨矯正 骨盤矯正 産後 マタニティ整体 坐骨神経痛 姿勢矯正 大阪整体スクール

生理痛

生理痛


生理痛の原因

画像の説明
  • ひとことで生理痛といっても、痛みの程度・症状・痛む場所など千差万別です。
  • 子宮内膜症や子宮筋腫のように、生理痛の原因がはっきりとしている「器質性月経困難症」と、痛みの原因がはっきりとしないが痛みはあるという「機能性月経困難症」とがあります。
  • 生理痛の大きな原因に「プロスタグランジン」という物質が多く出てしまうせいだといわれています。


生理痛の起こる時期

  • 生理痛の起こる時期は三つに分かれます。

月経前

女性ホルモンの一つ黄体ホルモンの分泌は、排卵後急に増え受精卵が着床せず生理が起こると一気に減少します。この大きな変化で、自律神経がバランスを崩し、頭痛や胃痛、イライラなどの不調を起こします。

黄体ホルモンには、乳腺を発達させる・体温を上げる・体内の水分を引き出すなどの作用もあるので、乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。

月経前半

生理直前から前半まで「プロスタグランジン」という物質が急に増えます。この物質は、子宮の収縮を促して生理の経血を、体の外に排出する役割を果たします。

この量が多すぎると収縮が強くなり、キリキリと痛みが発生します。腰痛やだるさ・冷えなどがひどくなります。

さらに、胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にもなります。

実は、陣痛のときの痛みもこの「プロスタグランジン」が原因です。

月経後半

うっ血とは血液の流れが滞ること。骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛や腰周りの重苦しい感覚を引き起こします。


整体による効果

整体は、身体のバランスを整え血液やリンパの流れを良くする効果がありますので、生理痛の原因であります、ホルモンの分泌や血液の流れに起因します症状の改善に効果があります。

健康管理工房の整体は、股関節と腰の調整を中心に全身をケアします。生理痛の緩和には腰の調整はとても効果的です。



トップページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script language="javascript" type="text/javascript" src="http://kenkokobo.jp/sumaho.js">